みんなでアイディアを出し合った
気仙沼市の新しいエコバッグに
投票しよう!

ついに市民のアイディアを持ち寄って生まれた、
エコバッグデザインの各5案がノミネート
あなたの一票で気仙沼市の
オリジナルエコバッグが誕生する!

市民にエコバッグの形、サイズ、規格をアンケート
市民の意見から決定をした
エコバッグの規格はこの2つ!
スーパー用エコバッグ(お土産にも!)

サイズ

幅440×高さ330×130(mm)

形状

船底型

船底型でしっかりマチがあるのでたっぷりモノが入るサイズ。厚手コットンを使用し、入り口が二重になっているので丈夫で安心です。

コンビニ用エコバッグ

サイズ

幅300×高さ320×200(mm)

形状

マルシェ型

お弁当も傾かずに持ち運べ、横マチの広さが魅力の使いやすいエコバッグ。クルっと丸めてボタン留めができるので、携帯に便利です。

この2候補 スーパー用エコバッグ(お土産にも!) コンビニ用エコバッグ で決定!
2つの規格それぞれに投票しよう!

高校生と小学生がみんなで考えた

エコバッグのデザインに入れたい
新しいホヤぼーやが決定!

大漁旗をふる
ホヤぼーや
大漁旗*をホヤぼーやが元気にふります。色鮮やかで縁起のいい大漁旗で運気アップできるかも⁉

*大漁で帰港した時に船に掲げる旗

このホヤぼーやのデザインが入った
エコバッグはこちら>>
かもめを手なずける
ホヤぼーや
人懐こいかもめたちを手なづけるホヤぼーや。みなさんも1度は餌付けをしたことがあるのではないでしょうか?
このホヤぼーやのデザインが入った
エコバッグはこちら>>
出船の見送り
ホヤぼーや
出船の見送りは、航海の安全と大漁を願って行われる気仙沼の行事です。
ちなみに、お友達のサメはリアス号といいます。
このホヤぼーやのデザインが入った
エコバッグはこちら>>
突きん棒漁をする
ホヤぼーや
大きなメカジキをモリ一本で仕留める、突きん棒漁をするホヤぼーや。メカジキの水揚げ量は気仙沼港が日本一!
このホヤぼーやのデザインが入った
エコバッグはこちら>>
(ツツジ)を与える
ホヤぼーや
優しい色のツツジをたくさん抱えたホヤぼーや。気仙沼には、日本一と呼び声の高いツツジの名所がありますね。
このホヤぼーやのデザインが入った
エコバッグはこちら>>

決まったホヤぼーやデザインを使って
市内デザイナーが
エコバッグをデザイン!!

スーパー用、コンビニ用
好きなデザインを1つずつ
選んで投票しよう!
グラフィックデザイナー
白田しらた亜悠あゆ さん

今回のデザインへの思い

今回制作にあたって、キーワードは「海と生きる」だと思いました。 震災を乗り越え、海と共に力強く生きる気仙沼の人々を象徴する言葉です。 気仙沼の人々は、海を愛し、海と共に生きています。 海は人生であり、命そのものです。 「海と生きる」という言葉を「SEA IS LIFE.」と表現しました。 私も大好きな気仙沼。気仙沼への愛を詰め込んだデザインになったと思っています。
エントリーNo.1
スーパー用エコバッグ
前面
背面 側面
お土産用にも利用される予定のスーパー用エコバッグは、キャンパス生地の大きなトートバッグです。「市外の方へ伝えたい気仙沼のイメージ」がお題でしたので、より気仙沼を象徴する アイテムに絞って、洒落ていてシンプルな雰囲気にしました。観光で来た市外や県外の人が、 旅の帰り道、お土産いっぱい詰まったトートバッグを眺めながら「気仙沼は良いところだったなぁ」と気仙沼を思い出す。そんなイメージを膨らませてデザインしました。
エントリーNo.1
コンビニ用エコバッグ
前面
背面 側面
市民の皆さんがよく使うと思われる、コンビニ用エコバッグは、「市民みんなが愛する気仙沼イメージ」がお題でした。 馴染み深い、気仙沼を象徴するイラストをたくさんちりばめました。中央の大漁旗を振るホヤぼーやが、気仙沼を応援しているような感じです。毎日のお買い物が楽しくなって、 誰でも使えるようなデザインを目指しました。
グラフィックデザイナー
足立あだちみさき さん

今回のデザインへの思い

スーパー用

気仙沼のたくさんの素敵なものやひと、場所などなどぎゅっと詰め込めたら、、と 思いながら製作しました。気仙沼が好きな方や、訪れたことのある方の話のタネになったり、 思い出に浸るきっかけになるようなエコバッグになればいいなと思っています。

コンビニ用

ホヤぼーやとふれあうカモメたちをデザインしました。 普段使いしやすく控えめに、だけどホヤぼーやの魅力が感じられるような シンプルなデザインにしています。
エントリーNo.2
スーパー用エコバッグ
前面
背面 側面
エントリーNo.2
コンビニ用エコバッグ
前面
背面 側面
Photo:Kohei Shikama
グラフィックデザイナー
加藤かとうなお さん

今回のデザインへの思い

気仙沼の誇る文化の一つが漁師さんたちの活躍だと考えています。 スーパー用エコバックでは、日本中、そして世界と海を越えてつながっている 今の気仙沼を地図などを使い表現しました。 陸上でこの買い物袋を片手に、海上で頑張る漁師さんや、世界のどこかで気仙沼を思っている人たちとのつながりを感じていただければと思います。 また、コンビニ用エコバックでは、漁師さんの安全と大漁への祈りを込め出船送りをするホヤぼーやに合わせて、赤は天候への願い、青は海への願い、 黒は漁師さんの力強さをイメージした3色を使い、力強く日々を積み重ねて働く漁師さんの イメージを積み木のような形で表現してみました。
エントリーNo.3
スーパー用エコバッグ
前面
背面 側面
エントリーNo.3
コンビニ用エコバッグ
前面
背面 側面
グラフィックデザイナー
村上むらかみ泰成たいせい さん

今回のデザインへの思い

どちらも気仙沼をイメージしたデザインにしつつ、スーパー用ならその地域が どんな地域なのか分かるようなデザインに、コンビニ用なら普段の生活でも 使えるようなデザインに仕上げました。 今回、地元をイメージしたエコバッグの制作に取り掛かることが出来て大変光栄です。これらのエコバッグが、気仙沼市のみならず、市外のいたる場所でも見かけられたらいいな、と思っています。
エントリーNo.4
スーパー用エコバッグ
前面
背面 側面
スーパー用は「市外の方へ伝えたい気仙沼 イメージ」ですが、気仙沼といえば水産業! というイメージが強いので、漁船と飛び跳ねるカツオ、そして空を飛び回るウミネコと、気仙沼のみならず日常の風景をデザインに落とし込みました。
エントリーNo.4
コンビニ用エコバッグ
前面
背面 側面
コンビニ用は「市民みんなが愛する気仙沼 イメージ」ですが、こちらは気仙沼市を代表する花・鳥・木・魚である、ヤマツツジ・ウミネコ・ クロマツ・カツオを小さなイラストにして配置したデザインになっています。市民のみなさんなら分かりますよね!
グラフィックデザイナー
小野寺おのでら真希まき さん

今回のデザインへの思い

どちらも気仙沼の好きな風景を思い浮かべながら、風景のなかで印象に 残っている色をたくさん使ってデザインしました。 エコバッグを使うときに気仙沼の風景を思い出してもらえるといいなと思います。
エントリーNo.5
スーパー用エコバッグ
前面
背面 側面
エントリーNo.5
コンビニ用エコバッグ
前面
背面 側面
投票の受付は終了致しました

エコバッグプロジェクト応募規約

※エコバッグ有効投票に関しては原則おひとり様一回とさせていただきます。
※応募期間以外の投稿は無効となります。
※本プロジェクトは世の中の状況もしくは迷惑投稿をされるなどの行為があった場合は変更もしくは中止となる場合もございます。
※このプロジェクトに関わった小学生、高校生などの個人情報に関するお問い合わせは一切対応できません。
※本プロジェクトに関連して生じた投稿者の損害について、本市の故意または重大な過失がない限り、一切の責任を負わないものとします。
※本プロジェクトに関連して生じた応募者間または応募者と第三者の間におけるトラブルについて一切の責任を負わないものとします。
【個人情報に関して】本プロジェクトにあたってご提供いただいた個人情報は、応募者ご本人の同意がある場合を除いて、第三者に提供されることはありません。ただし、法令の定めがある場合等、気仙沼市「プライバシーポリシー」にて定める事由がある場合を除きます。詳しくは気仙沼市ホームページをご覧ください。
個人情報の取り扱いに関しては気仙沼市ホームページをご確認ください。
https://www.kesennuma.miyagi.jp/sec/s002/030/050/1143537087669.html